※債務整理をした後にクレジットカードを作ることは出来ますか?

※債務整理をした後にクレジットカードを作ることは出来ますか?

※債務整理をした後にクレジットカードを作ることは出来ますか?

私たちの暮らす毎日の生活はいつも無数の出費で満ちています。中でもインターネットの普及に伴って今や誰もがネットショッピングの決済にクレジットカードを使うのが当たり前となっており、これらを無難に使いこなす人がいる一方で、ついつい使い過ぎてしまって翌月の引き落とし日に必要な金額が全く揃っていないケースも頻発しています。

一枚一枚のクレジットカードはそれぞれの経済力にあわせて利用限度額が決まっているものの、そういったカードを複数枚発行して所持している場合はその歯止めがなくなるので危険です。それぞれの限度額を合わせるとすぐに巨額に達してしまいます。一枚のクレジットカードの不渡りのみならず、それが2枚目、3枚目と連鎖していくと、これは単なる借金返済の遅れではなく、深刻な債務超過のレベルに達してしまいかねません。

もしもこういった事態で経済的にも精神的にも追い詰められた時には、決して絶望するのではなくまず出来ることから初めてみることが大切です。たとえば弁護士や司法書士を訪ねて債務整理の道を探ってみるのです。債務整理とは借金から脱出するために借金を整理することを意味し、具体的には任意整理や民事再生、そして最も打つ手なしの場合には自己破産という道も残されています。

それぞれに何らかのペナルティが発生しますので、全てのお金がチャラになるとは一概には言えませんが、少なくとも借金による絶望からは逃れることができて、新たなスタートを切ることが可能となります。こういった債務整理に関連して過払金請求などを起こせるパターンもありますので、専門家とよく相談した上で今後の方針を決めていくと良いでしょう。