※知っていますか?債務整理のメリットとデメリット

※知っていますか?債務整理のメリットとデメリット

※知っていますか?債務整理のメリットとデメリット

債務整理は、債務の返済が困難または不能となった場合に行う法的な救済措置です。主なものとしては、弁護士や司法書士に依頼して行う任意整理や、裁判所に申し立てて行う個人再生、自己破産などがあります。これら債務整理をすることで、債務の減免または免除を求めることができますがデメリットも多くあります。例えば自己破産であれば一定の財産は没収されることになりますし、一定の職業に一定期間付くことができません。また個人再生は大幅な債務の免除が行われますが、残りの債務を返済する必要があり、失敗するリスクがあります。また任意整理はその費用に対して、減免できる債務額が将来に発生する利息と非常に少ないものです。また債務整理でも裁判所を通すものでは官報に住所氏名が掲載されるデメリットがあります。
そして債務整理の最大のデメリットは、信用情報機関に債務整理をしたという事故情報として登録されることです。これにより新規の借入れが不可能になります。不可能になる期間は任意整理では5年程度で個人再生や自己破産では10年程度とされます。また過去に債務整理をした事実が記録されることで、新規に借入れが出来なくなる期間が過ぎても審査に通りにくくなります。
これらの債務整理のデメリットを回避する方法としては、金利の高い債務であれば金利の低いローン商品に借り換えたり、複数ある債務を一本化し、実質的に金利負担を減らすといった方法があります。